今日は一日中bloodthirsty butchersのことを考えてた

今日は一日中bloodthirsty butchersを思った。

bloodthirsty butchersの存在を知ったとき、もうすでに吉村さんはこの世にいなくて、ただライブで体験したいという思いだけが聴けば聴くほどつのる。もともと死んでる人だから悲しさとかはないんだ。が、なにしろ、「吉村さんが死んでから初めて存在を知って、ハマった人」ってのはおそらくほとんどいない。もしかしたら日本で俺だけかもしれない、、、そんなことないか。。。だから、情報をググればググるほど感傷的な文章が出てきちゃうのね。少年ナイフのブログ読んで涙出そうになっちゃった

 

 

多くの人と同様、かどうかわからないけど、ナンバーガール経由で存在を知って、初体験はbirdy。on youtube

 

 

初めて聴いた時の感想↓

 

「だっっっっっさ!!!!」

 

この動画音質酷いし。ダサすぎて引いた。歌い方とかもうなんかいろいろ。そっからなんでブッチャーズ好きになったのか、、思い出せないな。でもあまりに評価が高いんで、チャレンジしてみようと思ったんだろうね。

 

birdyについては、吉村さんの追悼番組がyoutubeにあって、そこの一場面でbirdyのイントロが流れるんだけど、そこで「!!!」ってなって、聴きなおしてみて、すごかったね。人は成長する。この曲の良さが今は理解できるって思った。きゃりーぱみゅぱみゅに向けてブッチャーズのすごさを教えるおっさんという構図、なかなか悪くない

 

 

 

 

ミニマルに背いて目の前 塗り替えどんどん変って
感覚づたいに飛ぶんだ 断崖絶壁ギリギリ
暖気流 フワフワ駆け上がるんだ
水平線をギリギリにめがけて
僕はといえばただ君のマネして
手を拡げバタバタ手を動かして
間抜けな姿さらし何を思うんだ

君にあこがれ

 

ロマンスに揺れてる木漏れ陽 黄昏共に君が溶け
それでも流されて飛ぶんだ 惰性で月の下追いかけ
乱気流 雨に打たれ羽が濡れ
雨雲の上に出ることができるなら
僕はといえばただ君のマネして
手を拡げバタバタ手を動かして
間抜けな姿さらし何を思うんだ

君にあこがれ

 

 

 

 

「君にあこがれ」って叫ぶところでホントに涙出ちゃうんだよ。

君にあこがれ、最高のフレーズだ。抽象的で漠然としててでもそれがすべて!って言いきれるようなフレーズだ

 

 

 

 

 

まあ聴いてたのは未完成なんだけどね。数日前にお茶の水ディスクユニオンで500円で見つけて買った。△ってタイトルも歌詞もどことなくダサいのに、なによりギターがかっこよすぎるんだよなあ、、、

 

あの、くおーん、くわーんってギターほんと個性的よね

 

 

 

こんなところ。

次から次へと湧き出てくる思い&言葉と、俺の記憶力の無さ&未熟なタイピング技術がぶつかり合った時!!!活字に起こせるのなんてこの程度が限界なんだなあ、、、ほんとはまだまだ言い足りない

 

吉村さんの歌詞もそうよね。感情で轟轟の川からちょっとだけコップですくったみたいな、言葉足らずで本質的な歌詞。

 

 

広告を非表示にする